テーマ:京都市電

from My Bookshelf (3)

ECサイトでの本の購入がここまで一般的になると、中身を見ずに注文することに躊躇いを覚える場面も時々あるのだが、この「京都の市電 昭和を歩く - 街と人と電車と -」 福田 静二 著(トンボ出版)は、何ら躊躇することなく「ポチッ」て、その内容が期待通りいや期待以上だった数少ない書籍のひとつだ。何故そうなのかと言うと、多くの雑誌・書籍に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

September Farewell(2)

これで見納めかと思うと、決して古都に似つかわしいとは思えなかったこの風景との組み合わせも、記録しておきたくなる。 【 京都市電 河原町線 塩小路高倉 / Minolta SR-T Super 50-135mm F3.5 Sakuracolor 400 / Sept.'78 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

September Farewell

昭和53年9月30日、土曜日。 そこに走っているのが当たり前。空気のような存在だった京都市電にも、 ついに「その時」がやってきた・・・ 【 京都市電 西大路線 衣笠校前 / Minolta SR-T Super 50-135mm F3.5 Sakuracolor 400 / Sept.'78 】 ▼銀『塩…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の元旦

元旦。吊り掛け駆動音が交錯する、希望の朝が始まろうとしている。 再び迎えることのない、烏丸車庫最後の新らしい年の朝が・・・ 【 京都市電 烏丸車庫 / Minolta SR-T101 100mm F2.5 Plus-X / Jan.'78 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の雪(6)

雪に封印されてしまったかのような京の街も、そろそろ活気づいてきた。 街並みも市電も真っ白に雪化粧したこの日。フォトジェニックな美しい朝が終わろうとしている・・・ (京都市電 烏丸車庫前 / Minolta SR-T101 100mmF2.5 Plus-X / Jan.'78) ▼▼ランキング参加中です▼▼ ◆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の雪(5)

ボタン雪が降り続く中での乗務交代。さすがにこの荒天では、運転士も大変だ・・・ (京都市電 烏丸車庫前 / Minolta SR-T101 100mmF2.5 Plus-X / Jan.'78) ▼▼ランキング参加中です▼▼ ◆SL&鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

京の雪(4)

車体の着雪からも、この日の積雪の多さがうかがえる。夜が明けて車庫の出入りが慌ただしくなってきた・・・ (京都市電 烏丸車庫前 / Minolta SR-T101 100mmF2.5 Plus-X / Jan.'78) ▼▼ランキング参加中です▼▼ ◆SL&鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の雪(3)

夜明け前から、健気に都大路を走り回っていた彼女達の車体には、苦闘の跡がくっきり。 乱れたダイヤに、電停で待つ通勤客も困惑の色を隠せない・・・ (京都市電 烏丸車庫前 / Minolta SR-T101 100mmF2.5 Plus-X / Jan.'78) ▼▼ランキング参加中です▼▼ ◆SL&鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京の雪(2)

下宿から近かったからか、それとも撮影してからでも授業に間に合いそうだったからか・・・ いずれにしても、この日の早朝烏丸車庫に駆けつけたのは正解だった。稀に見る大雪の中、 僕達は、出入りする市電達の様々な表情を短時間で堪能することができたのだった。 (京都市電 烏丸車庫 / Minolta SR-T101 100mmF2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初詣

参道には初詣客の姿。流れるタクシーの光跡が美しい、昭和53年元日の八坂神社前。 停車中の1927は撮影から34年経った今も、広島の地で現役とは驚くばかり・・・ 当時引退間近だった京都市電は、蒸機が消滅して失いかけていた鉄道写真への情熱を、 かろうじて繋ぎ止めてくれた。 (京都市電 東山線 祇園 / Minolta S…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の夜(4)

『1977.9.30 さようなら河原町・七条線 鉄道友の会』のヘッドマークを掲げたまま、庫に佇む。 そう、34年前の今日。ちょっぴりセンチメンタルな、あの夜の想い出・・・ (京都市電 烏丸車庫 / Minolta SR-T101 28mmF3.5 Tri-X / Sept.'77) ▼ブログランキング参加中▼ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の夜(3)

京都駅前での撮影もそこそこに、急いでバイクで烏丸車庫に向かったような記憶がある。 先程までの喧騒が嘘のような、ひっそりとした庫の中。 2006の車体側面には、『長い間ご乗車ありがとうございました。京都市交通局』の文字が・・・ (京都市電 烏丸車庫 / Minolta SR-T101 28mmF3.5 Tri-X / S…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の夜(2)

『さようなら河原町・七条線』のヘッドマークの横には、終電を示す『終』が掲出されていた・・・ (京都市電 京都駅前 / Minolta SR-T101 28mmF3.5 Tri-X / Sept.'77) ▼ブログランキング参加中▼ ◆蒸気機関車&鉄道写真◆
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

最後の夜(1)

28mmに交換して、なんとかこの日の主役と共にファインダーの中に収める。 どうも好きになれなかった京都タワーも、この夜はちょっぴり違って見えた・・・ (京都市電 京都駅前 / Minolta SR-T101 28mmF3.5 Tri-X / Sept.'77) ▼ブログランキング参加中▼ ◆蒸気機関車&鉄道写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京の雪

京都市電最後の冬で忘れられないのも、思いがけない大雪となったあの日のこと・・・その日はなぜか早朝5時に目が覚めた。 が、何かおかしい。大通りに面した学生アパートなのに車の音が全くしないではないか。そのうち、遠くからシャンシャンシャンという音・・・「チェーンっ?」飛び起きてカーテンを開けると街路灯に照らされた通りは白一色、それも相当な積…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more