アクセスカウンタ

銀『塩』鐵道の夜

プロフィール

ブログ名
銀『塩』鐵道の夜
ブログ紹介
■□■□■□■□■サービス判の想い出アルバム■□■□■□■□■

愛する蒸機達が国鉄線上から姿を消して35年。とうとうカメラをデジタルに変えた。
さて、中学生のあの頃(←)から40年余りの銀塩一眼レフ時代の想い出をたどる、
アナログ鉄道写真の旅に出かけるとしよう・・・

Copyright (C) 2011-2018 銀『塩』鐵道の夜. All rights reserved.
.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
会津巡礼(8)
会津巡礼(8) 北海道を彷彿とさせる雪の行路、魅力満載だった会津の厳冬の風物詩。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/01/18 23:41
キハ慕情
キハ慕情 北の地で国鉄色の気動車に出会うと、ふと蒸機時代の戦友、キハ22のことを想い出す。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/01/15 08:10
水上幻冬(11)
水上幻冬(11) 生気が感じられるのは、灯火と二両の吐息だけ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/01/11 23:50
8th Anniversary 撮影余話(3)
8th Anniversary 撮影余話(3) 1〜2週間毎に「着せ替え」をして楽しんでいるタイトルバック写真ですが、どれか一つだけ選べと言われたら、やはり白黒フィルムで撮った蒸機、それも必然的に最後の日々を追った昭和50年12月の写真になるでしょう。そして、誰からも褒めてもらえそうにない不真面目な拙blogのタイトルではありますが、一応「夜」を謳っているので、夜の一枚を・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/01/08 08:18
8th Anniversary 撮影余話(2)
8th Anniversary 撮影余話(2) 「銀塩」ではないことも多いタイトルバック写真について語る2日目は、非煙画について。 四十ウン年前にSLファンだった同志諸兄は、老後の楽しみ(?)として復活SL以外にモティベーションを維持できる被写体をお持ちでしょうか?自分はと言えば、たまに原色DD51云々等で踊らされているのが情けなくなったりします。それもそのはず、最愛の蒸機を全廃に追いやったDD51やDE10を当時あれ程忌み嫌っていたのですから・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/01/04 23:50
8th Anniversary 撮影余話(1)
8th Anniversary 撮影余話(1) 最近はコメントを頂戴した際に、看板に偽りあり・・・とイジられることが時々あります(笑)。看板とはblogタイトルに「銀塩」を掲げていること、にもかかわらず、その背景写真にはデジタル画を比較的多く登場させているからですが、当の本人は罪悪感のかけらもなく、極端にトリミングしたり彩度をイジったりして遊んで喜んでいるので、尚更始末に負えません。ということで、前年UPした記事を振り返ることにしているお正月、今年は拙blogのタイトルバック、カバー写真を2-3枚取り上げてみたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/01/01 09:09
最北急行の旅(5)
最北急行の旅(5) キハ400系上り急行「宗谷」、400Km 6時間の行路はまだ始まったばかり。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/28 23:40
遠いあの日 「45年前の“今日”へ」 和倉
遠いあの日 「45年前の“今日”へ」 和倉 12系に更新されたばかりの「きたぐに」のハザで、密連特有の不快な衝動に浅い眠りを邪魔されたまま金沢に到着すると、夜中の3時台だというのに、当たり前のように七尾線の始発が接続した。雑多なキハで構成された321Dは、勇ましいエキゾースト音で飛ばしに飛ばして、漆黒の能登半島を北上している。「ホワイトクリスマスか・・・」窓外の様子は暗くてよくわからないが、積もってはいるようだ。そう、あの日は12月25日のクリスマス、ちょうど45年前の今日だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 10

2018/12/25 08:16
最北急行の旅(4)
最北急行の旅(4) 宗谷北線の旅の指定席は、もちろん海側。やがて車窓に現れるこの山容に胸が高鳴る・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/12/21 21:46
最北急行の旅(3)
最北急行の旅(3) 特急でなければならない必然性など微塵も感じない、快適な車内と乗り心地。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/18 08:16
重連夕景(9)
重連夕景(9) からっ風の季節には様々な表情を見せてくれる、上りの新前橋発車。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2018/12/14 08:13
最北急行の旅(2)
最北急行の旅(2) 弁当売りが佇む稚内のホームの風情は、「利尻」が客車急行だった頃と変わらない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/11 08:13
最北急行の旅
最北急行の旅 茜と蒼が交錯する刻。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/12/07 23:20
愛車アーカイブ '17, 近江長岡
愛車アーカイブ '17, 近江長岡 この日は、夏の「北びわこ」の運転日。外見は昭和レトロ調でも、当時のバイクよりは格段に乗り易い愛馬を久しぶりに連れ出してみた。ところが、送り込み回送から撮り始めて1号までは良かったものの、午後の3号の頃になるとあまりの暑さでフラフラ。目の前に缶ビールがちらつき、誘惑に負けて早々と帰途についた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/12/04 08:16
伊吹山麓を往く(2)
伊吹山麓を往く(2) 単機で近江長岡に向かう「いぶき 502」号のサイドには、トレードマークのライオンマークが見える。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/11/30 08:17
伊吹山麓を往く
伊吹山麓を往く ライオンマークも誇らしく、セメントタンク車を牽いて伊吹山麓を走る姿が似合っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2018/11/27 08:16
過去“景”秋の北びわこ(16)
過去“景”秋の北びわこ(16) 晩秋の「北びわこ」運転日。いつものように、このドラマで瀬田川の夜が明ける。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/23 19:35
from My Bookshelf (2)
from My Bookshelf (2) Rail Magazine Vol.377 トワイライトエクスプレス特集。金ピカ厚化粧気味な同社の蒸機とどこか相通ずると言ったら叱られるだろうか、塗色のセンスが性に合わないEF81と同色の寝台車の記事を読みたくて購入したわけではもちろんない。当時RM誌に連載されていた「広田尚敬の視線」の最終回が、どうしても気になったからだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/11/20 08:13
夜明けのシルエット(2)
夜明けのシルエット(2) 君と迎える、冬の澄んだ夜明けが好きだった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/16 21:07
秋から冬へ(5)
秋から冬へ(5) 降雪と陽射しが交互に訪れる中で、点検を受ける二両。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/13 08:18
過去“景”秋の北びわこ(15)
過去“景”秋の北びわこ(15) あの頃は、果たしてどれだけ逆機のことを意識して、C56と向き合っていただろう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/09 21:07
餘部の記憶(7)
餘部の記憶(7) 汽車旅、磯釣り、そして波飛沫を浴びながらの撮影・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/06 08:15
秋から冬へ(4)
秋から冬へ(4) 山肌を這う重連の煙も、この季節の到来を謳歌しているかのようだ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/11/02 21:07
行く秋(6)
行く秋(6) 33‰が延々と続く築堤を、キハ52とキハ53の2連が滑り下りていく・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/30 08:08
秋から冬へ(3)
秋から冬へ(3) トンネルを抜け、水上まで来ると、そこは雪国・・・とはならなかった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/10/26 08:15
秋陽陰影(4)
秋陽陰影(4) 今を盛りの落葉広葉樹。その存在感に負けじと、赤プレートとスティームで自己主張・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/22 08:10
秋から冬へ(2)
秋から冬へ(2) 彩度も濃度も、ノーレタッチの初代ベルビア。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/10/18 08:14
from My Bookshelf
from My Bookshelf 荒川好夫さんの写真集。当時の鉄道ジャーナル誌をはじめ、以後「ニセコ」を特集した鉄道雑誌各誌には必ずと言っていい程登場して、ずっと気になっていた氏の写真の数々が、断片的なものからストーリーとして繋がり、全貌が明らかになった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/15 08:07
過去“景”秋の北びわこ(14)
過去“景”秋の北びわこ(14) 昭和なシーンが期待できた、機回し線での暫しの待避。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/10/12 08:13
秋から冬へ
秋から冬へ 枯れ落ち際の名残りの紅葉で、山はすっかり冬支度。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/10/09 19:48

続きを見る

トップへ

月別リンク

銀『塩』鐵道の夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる