アクセスカウンタ

銀『塩』鐵道の夜

プロフィール

ブログ名
銀『塩』鐵道の夜
ブログ紹介
■□■□■□■□■サービス判の想い出アルバム■□■□■□■□■

愛する蒸機達が国鉄線上から姿を消して35年。とうとうカメラをデジタルに変えた。
さて、中学生のあの頃(←)から40年余りの銀塩一眼レフ時代の想い出をたどる、
アナログ鉄道写真の旅に出かけるとしよう・・・

Copyright (C) 2011-2019 銀『塩』鐵道の夜. All rights reserved.
.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
安堵の煙
安堵の煙 出張の「のぞみ」の車窓から、いつも俯瞰気味に目を凝らすのは、京都と新山口。 放射状の線路の一角に微かな煙を見つけては、心の中で「よしよし」と呟く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/24 23:47
春の定番
春の定番 ローカル線らしからぬ、スケールの大きさが魅力のこの区間。 主役がC11からDE10に変わった後も、春になるとここに来たくなった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/21 08:03
失われた光景
失われた光景 不揃いな電柱や通信ケーブルが、時に雑多な印象を与えることもあった ローカル線の交換駅も、今となっては好ましく、また懐かしい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/17 23:46
凸電の通い路(4)
凸電の通い路(4) どう見ても、旧日本陸軍の戦車か装甲車のようにしか見えない風貌の小さな電機が、長閑な風景の中を往く姿は、愛らしさを通り越して少々滑稽でさえあった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/14 08:16
June Doubleheader(7)
June Doubleheader(7) どうにも馴染めなかったキハの塗色に、こんなシーンでは大きなため息をついたあの頃。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 8

2019/05/10 23:36
初夏望観(2)
初夏望観(2) 青空を映した川は蛇行し、線路は回り込んで新緑の山中に分け入る・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/07 08:10
初夏望観
初夏望観 本数が多かったからか、それとも重連でも走ったのだろうか? ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/05/02 08:38
清洲、春のカメラハイク(3)
清洲、春のカメラハイク(3) この景色を往く500系を押えておきたかったことも、F100の試し撮りに清洲を選んだ理由のひとつ。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/27 23:02
三峰口春描
三峰口春描 春爛漫の三峰口。到着するや否や、C58は多くのギャラリーに取り囲まれて、和やかな雰囲気。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/23 08:17
清洲、春のカメラハイク(2)
清洲、春のカメラハイク(2) 至近距離をあっと言う間に通り過ぎる、300系のシャッターチャンスに苦戦。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/19 23:58
4月の別れ(10)
4月の別れ(10) 名鉄局の良き伝統。大垣機関区時代から受け継がれた青プレートが誇らしい。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2019/04/16 08:16
清洲、春のカメラハイク
清洲、春のカメラハイク F100を使い始めた日。 微妙な中間絞りも、絞り環ではなくダイヤルで簡単に設定できて、なかなか快適。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/12 23:51
なんだか煙たいワン(2)
なんだか煙たいワン(2) 満開の桜、お散歩するワンちゃん、接近する煙。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/04/09 08:12
走り始めたD51に想う(4)
走り始めたD51に想う(4) 本来は簡易線用で場違いに思えた前任のC56160はもちろんのこと、C571と比べても、新参のD51200の方が「北びわこ」の仕業、そして鉄道の街・米原にごく自然に馴染んでいるように映るのには、実は理由がある。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/04/04 23:50
番外編2019春 「3週間前の“今日”へ」 - 看板に偽りあり -
番外編2019春 「3週間前の“今日”へ」 - 看板に偽りあり - 拙blogとしては一番思い入れのある、あの「夕張線」が無くなる!という一大事の日だというのに、我ながら何やってんだかと情けなくもなりますが、敢えて番外編2019春の続編です。残り3カットを下記の期間限定でタイトルバックにUPします。(※タイトルバック画像はPC版しか表示されません。) ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2019/03/31 23:16
走り始めたD51に想う(3)
走り始めたD51に想う(3) D51759 [亀]牽引の6785レとD51614 [奈]の牽く790レ(手前)、貨物列車同士の離合。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/27 23:16
番外編2019春 「2週間前の“今日”へ」 - 看板に偽りあり -
番外編2019春 「2週間前の“今日”へ」 - 看板に偽りあり - 2週間前の今日、3月10日。今春唯一の「北び」運行日且つD51200の本番デビューということで、行かない手はないとひぐま3号さんから編隊飛行(変態非行?)のお誘いをいただき、「群れません」という誓いを胸に当日朝某駅で合流と相成りました。ということで、ヒコー老人2人のヘンタイ撮影記にWelcome on board ! (ひぐまさんは大河記事と共に当日のお写真を速攻で一挙大公開済みですが、当方は常套手段の看板に偽りあり作戦で4-5カット程ちまちまと数日ずつの期間限定でタイトルバックにUP&ひ... ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2019/03/24 00:09
走り始めたD51に想う(2)
走り始めたD51に想う(2) 草津線の下り貨物を牽いてきたD51211[奈]が、転向前にカマ替え中。このカマは形式入りプレートで人気があった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/03/19 23:50
走り始めたD51に想う
走り始めたD51に想う 長年の構内運転、そして予想以上に時間を要した本線復帰へ向けてのプロセスを経て ようやく湖国を走り始めたD51200。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/15 23:02
冬の庫(8)
冬の庫(8) 様々な色温度の光源が交錯する、夜の扇形庫。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2019/03/12 08:15
北びわこ、重連の頃(22)
北びわこ、重連の頃(22) ハンノキの里に、湖北の冬の終わりを告げる二重奏が響く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/08 23:48
北浜の構図
北浜の構図 流氷の来る駅に、既にその姿は無かった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/03/05 08:13
Winter Night Dreams 2019 A - 看板に偽りあり -
Winter Night Dreams 2019 A - 看板に偽りあり - Some digital photos from the Night Train, a special train run by Oigawa Railway Co., in the winter of 2019. E Nikon D610 35mm F2 1/13sec. f2.2 ISO3200 WB:Auto2 Feb.'19 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/03/01 22:53
冬の庫(7)
冬の庫(7) 瞬く街の灯が輝きを増す頃。498はようやく塒に戻り、一日の疲れを癒す。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/02/26 08:21
20系憧憬
20系憧憬 たとえトレインマークが「急行」に変わろうとも、威厳ある20系編成への憧れは変わらない。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/22 22:48
朱鞠内の印象(5)
朱鞠内の印象(5) 降り続く雪に押し黙ったかのような町に、蒼い夜の気配が忍び寄る。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/19 08:13
Winter Night Dreams 2019 - 看板に偽りあり -
Winter Night Dreams 2019 - 看板に偽りあり - Some digital photos from the Night Train, a special train run by Oigawa Railway Co., in the winter of 2019. B Nikon D610 105mm F2.5 10sec. f5.6 ISO125 WB:Auto2 (Monochrome) Jan.'19 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2019/02/15 23:40
過去“景”冬の北びわこ(5)
過去“景”冬の北びわこ(5) きっと数十年前の冬晴れの日も、こうやって跨線橋のある湖畔の駅を見下ろして、 逆機で発車していくD50やD51のことを優しく見守っていたことだろう・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2019/02/12 08:10
最果て夜行(4)
最果て夜行(4) 音威子府で、下りの「利尻」から天北線の始発DCに乗り換えたのも、蒸機時代の懐かしい想い出。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 6

2019/02/08 22:38
最果て夜行(3)
最果て夜行(3) スハネフ14を撮りたかった・・・訳ではない。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2019/02/05 08:20

続きを見る

トップへ

月別リンク

銀『塩』鐵道の夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる