銀『塩』鐵道の夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗丘(4)-

<<   作成日時 : 2017/04/18 08:22   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

美しく弧を描いたレイアウトの栗丘を往き交う蒸機達の姿は今も印象に残っているが、栗山トンネルの崩落が駅の様相を一変させてしまったのだろう、交換駅としての機能を失った下りホームは跨線橋が封鎖されて渡ることさえできず、その惨状は目を覆わんばかり・・・

【上】 空セキは風の抵抗が大きかったというが、ちょうど北西の季節風を受ける線形のせいだろうか、猛然と力行した下り貨物が栗丘駅にアプローチする。 / Minolta SR-T101 135mm F3.5 Neopan SSS / Mar.'75

画像

【中】 蒸機時代にはなかった跨線橋。下り線の施設は、線路も含めて文字通り無用の長物と化してしまった。 

【下】 雪に埋もれ、荒れるがままに放置された下りホーム。まるで遺構のような駅名標に胸が痛む。

【中・下】 Nikon D5100 16-85mm F3.5-5.6 / Feb.'17      【共通】 室蘭本線 栗丘


画像

▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
◆SL・鉄道写真ブログ◆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗丘(4)- 銀『塩』鐵道の夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる