アクセスカウンタ

銀『塩』鐵道の夜

プロフィール

ブログ名
銀『塩』鐵道の夜
ブログ紹介
■□■□■□■□■サービス判の想い出アルバム■□■□■□■□■

愛する蒸機達が国鉄線上から姿を消して35年。とうとうカメラをデジタルに変えた。
さて、中学生のあの頃(←)から40年余りの銀塩一眼レフ時代の想い出をたどる、
アナログ鉄道写真の旅に出かけるとしよう・・・

Copyright(C) 2011-2018 銀『塩』鐵道の夜. All rights reserved.
.

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
冬の庫(5)
冬の庫(5) 黄昏の空の下、いつものように扇形庫の1番に収まる。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/15 08:17
北びわこ、重連の頃(19)
北びわこ、重連の頃(19) 夜半の雪も止み、国道沿いの木々はまるで樹氷を纏ったよう。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/12 08:16
7th Anniversary 撮影余話(3)
7th Anniversary 撮影余話(3) 前年UPした写真の振り返りの最後は、定年退職記念と無理やり理由をつけて強行した去年の北海道旅行記「彼の地は今… SRT101北帰行」の中から、そのミノルタSRT101で撮ったこの2カットを選びました。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2018/01/09 08:14
7th Anniversary 撮影余話(2)
7th Anniversary 撮影余話(2) 廃線や施設の廃止を伴わなくても、鉄道を取り巻く風景や車両・駅舎等の更新によって、風情がなくなってしまうのは最近特に感じる事です。昨年9月に取り上げた湖北・余呉湖畔のこの光景もその一つと言えるでしょう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2018/01/05 08:19
7th Anniversary 撮影余話(1)
7th Anniversary 撮影余話(1) 正月恒例の、前年UPの画の振り返りも、7回目となりました。さて、どういう切り口で選ぼうか・・・と悩ましいのも毎年恒例の事ですが、2017年の振り返りは失われた鉄道風景ネタを2-3取り上げてみたいと思います。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2018/01/01 08:28
最北の車止め
最北の車止め 蒸機時代の面影の残る2番ホームに佇む、最晩年の急行「利尻」。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/28 08:20
焦燥のカウントダウン(2)
焦燥のカウントダウン(2) 十余年の歳月を隔てて、厳冬の会津で奇跡の再会が叶うとは、当時は知る由もなかったが、 永久の別れとなるはずのあの夜には、潔く敢えて立ち会わないことにした。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/24 18:12
抜海の朝(2)
抜海の朝(2) 南東の空が白み始める頃。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 5

2017/12/21 08:21
朱鞠内の印象(2)
朱鞠内の印象(2) まるで外界から隔離されたように、雪に閉ざされた朱鞠内。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/18 08:20
焦燥のカウントダウン
焦燥のカウントダウン シゴナナの端整な姿は既に無く、デゴイチにも満足に出会えぬまま、 早くも沈もうとする冬の陽の、何と恨めしかったことか。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/14 08:24
抜海の朝
抜海の朝 25年振りに降り立った、冬の抜海。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/12/11 08:23
最後の元旦
最後の元旦 元旦。吊り掛け駆動音が交錯する、希望の朝が始まろうとしている。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/07 08:24
板屋川の朝
板屋川の朝 早朝。撮影地に到着し、峠を最初に登ってくる列車を迎え撃つ時の何とも言えない緊張感。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/12/04 07:06
晩華
晩華 川岸に咲き誇る春の郷瀬川の桜は、見事の一言に尽きる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/30 08:18
秋を探して(7)
秋を探して(7) 秋晴れの下、稲刈りの終わった田んぼの向こうに見える湖北らしい風景と ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/27 08:11
行く秋(5)
行く秋(5) 馬鹿の一つ覚えで、線路際ばかり歩いていた蒸機時代には全く気付かなかった視点が、新鮮だった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 4

2017/11/23 09:05
燃える季節
燃える季節 極彩色の競演は、燃え尽きて無彩色な季節へと移ろう直前の、精一杯の秋の自己主張・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/20 08:23
冬の気配
冬の気配 帰庫せんと、天高くブロワーを効かせる頃。晩秋の空にも、いつの間にか冬の気配が・・・ ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/16 08:22
汽車のある日常
汽車のある日常 晩秋の大井川。日常と共にある蒸機を無性に撮りたくて、窓際に陣取っていた。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/13 08:11
秋を探して(6)
秋を探して(6) 小娘のチラリズム、艶やかに。見慣れた風景を、霜月の色が意外と饒舌に演出してくれる・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/10 19:34
重連夕景(8)
重連夕景(8) 西の空を支配すべく、急速に濃い青が優勢になる時間帯。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/11/07 08:20
貴生川の夜明け
貴生川の夜明け 貴生川に始発のキハ達が集う頃。言葉を失うような感動的な光景を前に、どうしようもない後悔の念に駆られたことを、今でも鮮明に覚えている。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/11/03 12:06
秋を探して(5)
秋を探して(5) 色づきも落葉の具合も、いい塩梅。あとは煙のトッピングを添えるだけ。 長い直線が続くこの区間、この地点ではまだ力行しているはずなのだが・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/31 08:21
単回百景, 秋(2)
単回百景, 秋(2) 送り込み回送のスジが遅くなってからは、この辺りで逆光側から狙うことも少なくなってしまった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/28 12:05
交直接続の頃(2)
交直接続の頃(2) C622牽引の白鷺号を大阪まで撮りに行ったこの日。米原で出会った海坊主のトップナンバーは、スワローエンゼルに負けず劣らずの存在感で、写欲をくすぐった。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/25 08:25
エルムの風
エルムの風 「北斗星」がプラチナチケットだった頃も、この臨時のハネなら大抵空いていた記憶がある。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/22 09:13
秋のよるたの
秋のよるたの 「よるたの」の梅小路フェスティバルは、秋こそベストシーズン。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/19 08:15
ツバメ 飛ぶ
ツバメ 飛ぶ 幸か不幸か『JR西日本30周年記念乗り放題きっぷ』をゲットできてしまったので、天気予報では全国的に雨模様の週末でも北陸地方はJR西管内では唯一晴れ間が期待できそうなこともあって、決してコスパは良くないコースではあるものの、ちょっぴり重い腰を上げてJR西日本最東端の上越妙高まで、北陸新幹線の初乗りを兼ねて行くことにした。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/16 08:17
単回百景, 秋
単回百景, 秋 幻想的な光景の中、思いがけない力行。リモートレリーズを握る手が震える・・・ ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2017/10/13 08:16
発車間近
発車間近 発車間近。慌ただしかったキャブ内に暫し静寂が訪れ、緊張が高まる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2017/10/10 08:19

続きを見る

トップへ

月別リンク

銀『塩』鐵道の夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる