テーマ:大井川鐵道

C11のいる日常(4)

複数のC11が、今も日本各地で走り続けている姿を見ることができるのは、 現役時代同様、その素性と使い勝手の良さの証。 それでも、名脇役たる原色旧客との組み合わせとなると、ここに来て不確定要素が多い。 残された時間はあと僅かなのか? 【 大井川鐵道 新金谷-金谷 / Nikon F4 24-50mm F3.3-4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏望観(2)

青空を映した川は蛇行し、線路は回り込んで新緑の山中に分け入る・・・ 自然と鉄道が描く弧のコンビネーションの妙。 【 大井川鐵道 笹間渡 / Nikon F801 400mm F5.6 RVP / Apr.'91 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏望観

本数が多かったからか、それとも重連でも走ったのだろうか? 訪れた理由はともかく、ガツガツせず、のんびり俯瞰したい気持ちは分かる連休初日。 【 大井川鐵道 家山-抜里 / Nikon F801 400mm F5.6 RVP / Apr.'91 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋陽陰影(4)

今を盛りの落葉広葉樹。その存在感に負けじと、赤プレートとスティームで自己主張・・・ 【 大井川鐵道 下泉-田野口 / Nikon F4 180mm F2.8 RVP / Nov.'94 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラストトレイン、C12の頃(6)

オレンジ色とオリジナル塗色の旧客が混走し、甚だ写欲をそがれる昨今からすれば、 こんなシーンは垂涎もの。 C12が牽引する短く愛らしい編成は、大井川の大自然の中では、一層小さく見えた・・・ 【 大井川鐵道 地名-塩郷 / Nikon F4 180mm F2.8 RVP / Nov.'91 】 ▼銀『塩』鐵道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川根の秋

刈入れが終わった、正しい日本の秋の風景。 そこへ大井川の電車の中では気に入っていた312系が現れたので、1枚だけパチリ。 まばらな防霜ファンに、30年の歳月を感じる。 【 大井川鐵道 福用-大和田 / Nikon F801 85mm F1.8 RFP / Nov.'89 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋陽陰影(3)

片持ちの好ましい木製架線柱は、電化路線であることを忘れさせる。 秋の陽が演出した木々の陰影が、この区間の豊かな山の表情を一層際立たせて・・・ 【 大井川鐵道 田野口-下泉 / Canon EOS RT 400mm F5.6 RVP / Oct.'94 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春寒

気の早い一本の桜が、ちょっぴりフライングだったのは、C11の白煙が物語っている。 でも、「その時」がそう遠くないことは、あちこちのピンク色の気配が教えてくれるのだ。 【 大井川鐵道 崎平-千頭 / Nikon F801 400mm F5.6 RVP / Mar.'91 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

逆機の構図(13)

オリジナル塗色のぶどう色と青が混在した旧客を、逆機のタンク機が牽引する。 いつ来ても、昭和の国鉄の情景に触れることができた大井川も、今は昔・・・ 【 大井川鐵道 千頭 / Nikon F801 24-50mm F3.3-4.5 RVP / Mar.'91 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

汽車のある日常

晩秋の大井川。日常と共にある蒸機を無性に撮りたくて、窓際に陣取っていた。 C11227が復活したばかりの頃。上りの「かわね路」は、立派な通勤通学列車となって、 何の違和感もなく日常生活に溶け込んでいたのだった・・・ 【 大井川鐵道 / Minolta SR-T101 100mm F2.5 Plus-X / Nov.…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

発車間近

発車間近。慌ただしかったキャブ内に暫し静寂が訪れ、緊張が高まる。 国鉄蒸機全廃後2年。満たされない想いを胸に訪ねた、晩秋の大井川。 探していた普段着のシーンを、見つけることは出来ただろうか・・・ 【 大井川鐵道 金谷 / Minolta SR-T101 55mm F1.7 Plus-X / Nov.'77 】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大代川暮色(2)

柔らかな光に包まれた大代川。炭庫の石炭も心細くなってきた頃、終点金谷へ向けて最後の力走・・・ 【 大井川鐵道 新金谷-金谷 / Canon EOS RT 70-210mm F3.5-4.5 RVP / Jul.'95 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

星降る宵

一日の仕業を終えた大井川の蒸機達は、火を落とすや否や、あっさりと 実にあっさりと眠りに落ちる。 澄んだ宵の空。寝息すらたてないC56の爆睡ぶりを、明星が見守る・・・ 【 大井川鐵道 新金谷 / Nikon F4 35mm F2 RVP / Nov.'94 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大代川暮色

朝な夕な、大代川で繰り広げられた、詩情溢れるシーン。 もっともっと、撮っておけばよかった・・・ 【 大井川鐵道 新金谷-金谷 / Nikon F801 85mm F1.8 RFP / Nov.'89 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機材アーカイブ '94, 田野口(2)

夕刻、田野口の中徳橋を見下ろす白羽山俯瞰から撤収の図。お気に入りの白玉400mmを入れたハクバの大柄なアルミトランクは、普段は防湿庫代わりで家でお留守番だが、車から至近の俯瞰ポイント限定で天日干しと相成る。 三脚は、大きく重い上に使い勝手がイマイチなため出不精なSLIKのザ・プロフェッショナル。それならばと、昔は超望遠での俯瞰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋陽陰影(2)

刻々と変わる山肌の豊かな表情こそ、この季節の田野口の主役。 短い秋の陽を追いかけるように、この日はC56も負けじと力行して その存在感を示してくれた。 【 大井川鐵道 田野口-下泉 / Nikon F4 180mm F2.8 RVP / Nov.'94 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋陽陰影

澄んだ空気の中、晩秋のスポットライトを浴びて、しんがりを務めるトラストトレインがやってきた。 ポールも架線も目立たないこの区間は、オリジナルの国鉄色の車両の美しさが一層際立つ。 近頃のトーマス色?の客車には食指が動こうはずもなく、ましてやいつ来るとも知れぬとなれば、 益々足が遠のいてしまう。C12164の動態復元と旧客3両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重連の夏(3)

返しの上りは、後補機になるという。旧客7両を含めた長大編成を収められる場所 ということで、此処を選んだ。 C56+逆C12・・・・逆C11。珍しい、そして堂々たる編成に、河原でキャンプや水遊び の人達も、しばし手を休めて、大注目の図。 【 大井川鐵道 塩郷-下泉 / Minolta X500 200mm F4 RFP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重連の夏(2)

手堅く地上戦を挑めばいいものを、予め1/25,000の地形図で 目星を付けておいた、初めての俯瞰ポイントに登ることにした。 いざ登ってみると、想像していた以上にごちゃごちゃしている。 しかし、もう下りる時間などない。 やがて、陽炎の彼方から、待ちに待った三重連が現れた・・・ 【 大井川鐵道 福用 / Minol…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三重連の夏

小型機ばかりで、バランスのいいトリプルヘッダー。 それほどイベント列車然としないだろうから、行かない手はない。 あれからもう27年、大井川に三重連が走った夏・・・ 【 大井川鐵道 神尾-福用 / Minolta X500 200mm F4 RFP / Jul.'89 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛車アーカイブ '91, 神尾

2000ccのアコードから買い替える際、「やめた方がいいのでは?」とディーラーにも翻意を促されたが、 使用目的が明確だったので、全く気にも留めなかったお手軽林道俯瞰の友、660cc&5MTのアクティ・ ストリートG 4WD。 傍らで対岸を見下ろす機材は、この頃ほぼ出番がなくなっていたモータードライブMD-12付きのニコン …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対岸の初夏

PLフィルターで強調してみたくなった、3月とはガラリと装いを変えた初夏の神尾の彩り。 方や、かろうじて存在感のあった煙はこの辺りで打ち止めと、C11の方もすっかり夏の蒸機の風情・・・ 【 大井川鐵道 五和-神尾 / Nikon F801 180mm F2.8 RVP PL / Apr.'91 】 ▼銀『塩』鐵道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のある風景(3)

今から21年前のこどもの日。この日は創立70周年イベントということで、贅沢にも 蒸機重連が2往復走った。その内の1往復にはC11312とC12164が充当され、往路 の101レはプッシュプル。 そして、復路の102レは、中徳橋を見下ろすこのポイントから狙うことにした。 やってきたのは、C11と逆C12の背中合わせ重連…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のある風景(2)

まるで「ここに来い」と言っているかのような赤い誘惑に魅かれて、登ってみる。 眼下には、C11と電車の離合の光景。そして、川根路を象徴する雄大な風景が広がっていた・・・ 【 大井川鐵道 家山 / Nikon F801 180mm F2.8 RVP / Apr.'91 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四半世紀

こうして見ると、まだあちこちに昭和の面影が残っていた構内。 千頭、25年前の今日。四半世紀という、時の流れの重み・・・ 【 大井川鐵道 千頭 / Nikon F801 400mm F5.6 RVP / Mar.'91 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

対岸の春

もうすぐ4月。控えめな中にも、春本番へのパワーを感じさせる、神尾の彩り・・・ 【 大井川鐵道 神尾 / Nikon F801 180mm F2.8 RVP / Mar.'91 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

橋のある風景

千頭方面に行く時は、大抵お世話になるこの橋。高みから見下ろしてみると、 400mmの画角にぴったり収まる縦位置の構図がしっくりきた。 補強工事で養生されてしまってから、もう随分経った。再び姿を現す時も、 この機能美を失わずにいてくれるだろうか? 【 大井川鐵道 抜里 / Nikon F801 400mm F5.6 R…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トラストトレイン、C12の頃(5)

遠い日の記憶。最後に夜汽車の灯を見送ってから、幾星霜。 晩秋のトラストトレイン運転最終日。夕闇に支配された家山は、“あの頃”へのタイムマシーン・・・ 【 大井川鐵道 家山 / Nikon F801 85mm F1.8 RDP / Nov.'91 】 ▼「銀『塩』鐵道の夜」も参加中▼ ◆鉄道写真ブログランキング…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more