テーマ:北陸本線

D51793のこと(3)

照明もなければ月明かりもない夜の公園。 あちらこちらからストロボを焚いてみても、この有様。 闇夜のカラスは写らない・・・黒い蒸機はその典型なのだ。 屋外静態保存機が辿る紆余曲折はこのカマも例外ではなかったが、 この29年後には屋根付き空調完備の新居に引っ越した793号機。 今は幸せな余生を送っているだろうか? …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

20系憧憬(2)

「SL」No.9(交友社)の記事「ゆうづる物語」に甚く感動した夏休み。C62は当然無理としても、せめて同じ20系寝台特急のヘッドマークだけでも拝みたい・・・と早朝勇んで上り「日本海」の撮影に出かけた。 築堤をよじ登り、6時過ぎにはヘッドマーク主体の珍しくオーソドックスな構図で準備万端。あれれ?でも何かおかしいぞ!定時に姿を現し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走り始めたD51に想う(4)

本来は簡易線用で場違いに思えた前任のC56160はもちろんのこと、C571と比べても、新参のD51200の方が「北びわこ」の仕業、そして鉄道の街・米原にごく自然に馴染んでいるように映るのには、実は理由がある。 D51が米原に最後の足跡を残したのは、昭和45年秋のこと。臨客「いもほり号」として数回運転され、関ヶ原を越えるこの仕業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編2019春 「3週間前の“今日”へ」 - 看板に偽りあり -

拙blogとしては一番思い入れのある、あの「夕張線」が無くなる!という一大事の日だというのに、我ながら何やってんだかと情けなくもなりますが、敢えて番外編2019春の続編です。残り3カットを下記の期間限定でタイトルバックにUPします。(※タイトルバック画像はPC版しか表示されません。) (3) 2019/4/1-4/4 鎮守の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

北びわこ、重連の頃(22)

ハンノキの里に、湖北の冬の終わりを告げる二重奏が響く。 重連が走り始めると、春はすぐそこ・・・ 【 北陸本線 木ノ本-高月 / Nikon F90Xs 180mm F2.8 RVP / Mar.'97 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去“景”冬の北びわこ(5)

きっと数十年前の冬晴れの日も、こうやって跨線橋のある湖畔の駅を見下ろして、 逆機で発車していくD50やD51のことを優しく見守っていたことだろう・・・ ふとそんなことを空想してしまう、穏やかな表情の霊仙山。 【 北陸本線 田村 / Nikon F90Xs 180mm F2.8 RVP / Feb.'97 】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8th Anniversary 撮影余話(1)

最近はコメントを頂戴した際に、看板に偽りあり・・・とイジられることが時々あります(笑)。看板とはblogタイトルに「銀塩」を掲げていること、にもかかわらず、その背景写真にはデジタル画を比較的多く登場させているからですが、当の本人は罪悪感のかけらもなく、極端にトリミングしたり彩度をイジったりして遊んで喜んでいるので、尚更始末に負えませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去“景”秋の北びわこ(15)

あの頃は、果たしてどれだけ逆機のことを意識して、C56と向き合っていただろう。 今思うと、秋の午後の斜光線を浴びたこの編成の、なんと魅力的なことか・・・ 【 北陸本線 河毛-虎姫 / Nikon F90Xs 180mm F2.8 RVP / Nov.'97 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去“景”秋の北びわこ(14)

昭和なシーンが期待できた、機回し線での暫しの待避。 オリジナル特急色の「加越」をやり過ごす・・・ 【 北陸本線 木ノ本 / Nikon F90Xs 300mm F4 RVP / Nov.'97 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんだか煙たいワン

ご主人様と、いつもの楽しい散歩道。 それにしても、週末に時々現れる、あの黒くて煙たいヤツはいったい何者だ? 【 北陸本線 河毛 / Nikon F90Xs 85mm F1.8 RVP / Nov..'97 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去“景”秋の北びわこ(13)

どこまでも青く高い秋の空に、高月発車の歯切れの良いドラフトが響く。 直流化そして新駅舎供用開始から10年以上経った今、この風景はどうなっているのだろうか・・・ 【 北陸本線 高月-木ノ本 / Nikon F90Xs 24-50mm F3.3-4.5 RVP / Nov.'97 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ED70残照

国鉄蒸機が、本州から姿を消そうとしていた頃。 交流電化のパイオニアたるこの赤い電機も、風前の灯火だった・・・ 【 北陸本線 田村 / Minolta SR-T101 135mm F3.5 Neopan SSS / Sept.'74 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去“景”夏の北びわこ(20)

主役の入線・連結を待ちわびた人、人、そしてまた人。 こうして見ると、スマホで撮影する人は疎か、携帯を構える姿さえ皆無なのが却って新鮮に思える。 それもそのはず、背後の特急色をはじめ普通電車は湘南色と、東海道線ホームを発着する列車は、 どれも当たり前のように国鉄色オンパレードだった頃・・・ 【 北陸本線 米原 / …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

過去“景”夏の北びわこ(19)

こんなオーソドックスな立ち位置から撮ったのは、23年前のこの時だけかもしれない。 背後の山に目をやると、俯瞰ができそうなポイントがいくつかあるようにも見える。 しかし、時すでに遅し。今やバイパスの高架が邪魔をし、飯の集落の美しい甍の波も、 少なからず姿を消していることだろう・・・ 【 北陸本線 坂田-米原 /…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去“景”夏の北びわこ(18)

じりじりと、真夏のトップライトが照りつけて、自然と水辺が恋しくなる。 あの夏も、今年に負けず劣らず暑かった・・・ こんなに長く走り続けるとは知る由もなかった、運行開始直後の8月。 撮影ポイントを求めて、ただひたすら炎天下を彷徨った。 【 北陸本線 虎姫-長浜 / Nikon F4 180mm F2.8 RVP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナッパ服(3)

運行開始当時の「北びわこ」では、安全確認要員を含めた乗務員の方々は、 全員ナッパ服風の、肩章のある紺の制服を着用していた。 夏季それも大混雑のキャブ内が猛烈に暑いことは想像に難くないが、 それでも涼しげで格好良く見えるのは、ナッパ服“風”の効能だろう。 新たにATS-Pが搭載されたD51200では、こんな光景も見られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボンネット特急の頃(6)

クラクラと目眩がしそうな猛暑の中、C56単機による試運転が始まった。 もう20年以上も前になるその当時、今でも微かにその名残があるこの辺りには、 まるで砂漠の中の貴重なオアシスのように、細々とハンノキが残っていた。 そのハンノキの申し訳程度の日陰に涼を求めて一休みしていると、 うだるような熱気を切り裂いて、しらさぎ8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

番外編 「1週間前の“今日”へ」 - 看板に偽りあり -

昭和93年5月27日、1週間前の今日。43年前にも北の大地を彷徨っていた3人が、ひょんなことから今度は近江の地に集うことになった。そう、この日はC56160の本線運行最終日だったのだ。 正統派撮影行か、はたまた珍道中か、怒涛の更新で早々と行程の全貌を暴露したマイオさんが一段落し、泣かせるプロローグから始まったひぐま3号さんの焦…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

過去“景”春の北びわこ(26)

突然の夕立が去った後、逆光に輝く水蒸気の淡いベールが、主役を引き立ててくれた。 正真正銘の過去景となろうとしている今、忘れ得ぬ光景の内のひとつ・・・ 【 東海道本線 能登川-安土 / Nikon F100 85mm F1.8 RVP100 / May '07 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農繁期(2)

湖北の田圃に水が張られると、水鏡に一喜一憂することとなる。 山笑い、風薫る5月。爽やかな風が吹き抜ける・・・ 【 北陸本線 河毛 / Nikon F801s 180mm F2.8 RDP2 / May '96 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機材アーカイブ '96, 田村

レンゲ畑越しに、ニコンF4+Ai AF Nikkor ED 180mm F2.8S Newで狙うの図。 未だ長浜ドームと地方卸売市場しかなかった頃の田村は、それ程苦労せずともED70やDD50が行き交っていた頃と同じような長閑な田園風景を切り取ることができた。 ハクバのアタッシュケースには400mmも入っていて、重いSL…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去“景”春の北びわこ(25)

「北びわこ」が走り始めた頃は、まさかこんな息の長い列車になるとは思っていなかった。 そして、交直接続当時と何ら変わらない、田園風景の中にポツンと跨線橋のある好ましい この田村の佇まいも、早晩無くなってしまうだろうという危機感を持っていた。 【 北陸本線 田村 / Nikon F90Xs 180mm F2.8 RVP…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

農繁期

折り返し運転で機回しのポニーは、駅の外れで特急通過待避中。 水入れ、代掻き、田植え・・・ 北国街道木之本宿の瓦屋根が初夏の日差しに輝き出すと、 農家の人達にとっては超忙しいゴールデンウイークの始まりだ。 【 北陸本線 木ノ本 / Nikon F801s 180mm F2.8 RDP2 / May '96 】 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仔馬の花道(2)

日差しにちょっぴり暖かさを感じる、3月のなごり雪。 雪景色の中を、ましてや重連で駆ける姿を見ることは、もう二度とないのだろうか・・・ 【 北陸本線 河毛-高月 / Nikon F801s 100-300mm F4 RVP / Mar.'96 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仔馬の花道

北びの仕業だって、頑張る時は頑張るさ! 直流化に伴って、ケーブルやフェンスが目障りになったとは言うものの、 河毛が沿線随一のエキサイティングな撮影地あることに変わりはない。 残すところ、あと1日。最終運行日も賑わうことだろう・・・ 【 北陸本線 河毛 / Nikon F100 300mm F4 RVP100 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北びわこ、重連の頃(20)

天野川堤へ駆け上がる坂道。春近しを思わせる空に、濃淡二色の煙が立ち上る・・・ 【 北陸本線 坂田-米原 / Nikon F801s 24-50mm F3.3-4.5 RVP / Mar.'96 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北びわこ、重連の頃(19)

夜半の雪も止み、国道沿いの木々はまるで樹氷を纏ったよう。 重連運行日に相応しい、雪晴れの朝。 晴れの舞台を前に、C571の助士が投炭を始めた・・・ 【 北陸本線 米原 / Nikon F90Xs 85mm F1.8 RVP / Mar.'96 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

7th Anniversary 撮影余話(2)

廃線や施設の廃止を伴わなくても、鉄道を取り巻く風景や車両・駅舎等の更新によって、風情がなくなってしまうのは最近特に感じる事です。昨年9月に取り上げた湖北・余呉湖畔のこの光景もその一つと言えるでしょう。 湖北、特に木ノ本周辺の田圃には、ハンノキと呼ばれる稲架木が点在し、湖北地方を象徴する風景となっていました。それが昭和40年代後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋を探して(7)

秋晴れの下、稲刈りの終わった田んぼの向こうに見える湖北らしい風景と 点在する秋色の小道具達を眺めていたら、こう切り取ってみたくなった・・・ 【 北陸本線 高月-木ノ本 / Nikon F5 180mm F2.8 RVP-F / Nov.'09 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋を探して(6)

小娘のチラリズム、艶やかに。見慣れた風景を、霜月の色が意外と饒舌に演出してくれる・・・ 【 北陸本線 坂田-田村 / Nikon F5 135mm F2.8 RVP-F / Nov.'09 】 ▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼ ◆SL・鉄道写真ブログ◆
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more