番外編2019初秋 「1日前の“今日”へ」 - 看板に偽りあり -

2019暑い2s.jpg

当初はマイオさんに加えて高辻烏丸さんも合流予定(?)と、豪華ゲストをお迎えして総年齢250歳に迫ろうかという、賑やかな敬老会となるはずだった秋の「北びわこ」運行初日。ただでさえスッカスカの北びなのに、誰も好き好んでこんな真夏のような日に来ないよなぁと、結局「ウヤ」となった御二方の賢明なご判断を至極ごもっともと思いながらも、悲しい性で集ってしまったのはいつもの2人組・・・ということで、今回も恥を忍んで恒例の「看板に偽りあり」をPC版のカバーフォトとして下記日程で9月下旬までUPします。

(1)2019/9/9-9/13
祭礼の準備が行われている鎮守の森の傍らで送り込み回送を待っていると、やってきたのは大嫌いなトワイライト色のPF。逆光で潰れ気味の黒っぽい塗色のELに、ふと往年の巨人機EH10のことを思い出す。ひぐまさんから篠原発車時刻が変わったとの一報が入っていたが、ここの通過時刻はどうやら以前と大差ないようだ。
【 東海道本線, Nikon D610, 24-50mm F3.3-4.5, 1/320 sec. f9, ISO125 】

(2)2019/9/14-9/18
ひぐまさんと合流する予定の河毛駅に遅刻してしまい別行動に。ここでは人が集る煙モクモクの築堤よりも古い町並みの方が好みなので、路地をブラブラして駅の進入を狙うことにするが、時間切れで結局以前も撮ったことのあるこの場所で。こういう構図だと、周辺画質が抜群というフルサイズミラーレス機とその専用レンズにちょっぴり浮気心も。
【 北陸本線, Nikon D610, 24mm F2.8, 1/125 sec. f10, ISO100 】

(3)2019/9/19-9/23
無事ひぐまさんと合流した後は、稲穂の海もイマイチで目立った季節の花もなさそうということで、いつものように北陸線沿線での上り回送の撮影をスキップして、ひぐまさんの電車からのロケハン情報をヒントに返却回送狙いでのんびりと東海道線沿いに南下する。秋とは名ばかりの猛暑、日陰から長玉で狙った踏切は陽炎に揺らいでいた。
【 東海道本線, Nikon D610, 300mm F4, 1/160 sec. f10, ISO125 】

(4)2019/9/24-9/28
蒸機ブロガーの先輩方とご一緒させていただいた際は、C56160最終日を含めて一度も返却回送の追っかけに成功したためしがなかったが、近江八幡の停車時間がそれなりにありそうなので少し色気が出て、性懲りもなくチャレンジしてみることに。もう行っちゃったんだろうなぁ〜と諦めかけた頃、PF独特のモーターの唸り音と共に悠然と現れた。
【 東海道本線, Nikon D700, 85mm F1.8, 1/2000 sec. f3.2, ISO200 】


▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
◆SL・鉄道写真ブログ◆


この記事へのコメント

マイオ
2019年09月10日 12:47
敬老会に欠席しまして相済みません。
同居する老母91歳の送迎要員として運用に組み込まれまして、
これをウヤにすると天罰が下りそうでしたもので。
天罰ならぬ台風の直撃はありましたが植木鉢がいくつか倒れた
程度の被害で済みました。
で、財政再建中のクマさんとの道中、まずはいつもながらの渋い構図。
C571の薄い煙が夏の季語代わりにて、もはや番外編とおっしゃらず、
定期運行化を切望するものでございます。なにしろ臨貨というとビビる
もので・・・

業務連絡 上記天罰を恐れるチキン野郎との絡みで、泊まり撮り出は当分
かなわずの身となりました。
詳しくはここでは割愛ですが、上越重連もしくは夜汽車運行の節には
是非ともお出かけくださいまし。
Y寺Nアガラ駆け付けカレー大盛3杯?とC57117動輪見学ツアーも
もれなくついてきます。

なお、鬼が笑う大井川ナイトトレイン敬老会ですが、
来年1-2月には各種慶事予定が控えており、こちらも出席可否は
不明となっております。
高辻烏丸
2019年09月10日 20:30
定時運行・ウヤなしが続いていた北びわこですが、
先日は車両不具合がありとうとう途絶えてしまいました。
でも次回以降は運行につく予定でおります。

カバーフォト、初秋の鎮守の杜、いいですね~
残る3カットも楽しみです。
2019年09月10日 21:57
レンズが気になります。
全てDレンズでしょうか?
それぞれの特徴をご教示いただければ幸いです。
他にもレンズはいっぱいお持ちなんですよね(笑)?
author
2019年09月11日 19:26
マイオさん
コメント(&96の総括)ありがとうございます。

そのスジはお召以上の最重要仕業です。まさか初仕業は補機に任せたなんてことはないでしょうね?そっちの方がより厳罰が下るのは必至ですので、くれぐれもご注意を。

で、9/8の目撃情報ですが、前回はハスキー持参だったのに、今回は一脚のみという横着者もとい横着熊1匹と遭遇しまして、「スカびと向き合う姿勢がなっとらん!そんな風だからマイオさんや高辻さんもドタキャンするんだ!」と喝を入れておきました。次回からは事前に持ち物検査を実施し厳格に参加資格を判定する予定ですが、もしハスキーも鉄板に化けたのだとしたら、同情の余地あり・・・かも。(笑)

偏屈者のスケジュール・行動パターンを本人以上に熟知した上での業務連絡、恐れ入ります。流石支店長、かゆいところに手が届く顧客本位の企画に、連勝街道を突っ走っていた勢いで用事もないのに行こうかと一瞬思いましたが、昨日の負けで現実に戻り思いとどまった次第であります。(笑)その代わり、10連休の時は宿も取れず天候もイマイチ、夏休み中は猛暑でとても行く気になれなかった感傷旅行を、そろそろ決行しようかと思ってます。勝原経由で、和倉、中島、穴水・・・と。
author
2019年09月11日 19:34
高辻烏丸さん
コメントありがとうございます。
時に補機を伴われての北陸線でのウヤなし定時運行は偉業ですね!加えて、今秋からは東海道線にも定期入線とのプレスリリースが3月に出ていたように記憶しておりますが、気のせいでしょうか。(笑)

先ずは車両不具合修繕を最優先されて、拙作のみへのコメントでは針のムシロ状態ですので、敬老会で同日同時刻同所でのカメラアイ比較ができるのを楽しみにしております。でもゴメンナサイ、そう言っておきながら次の連休は当方がウヤの予定なんです・・・
author
2019年09月11日 19:38
AE86さん
コメントありがとうございます。
30年程前にシステム全体をミノルタMFからニコンAFに移行したので、Dタイプになる直前の末尾S(AF-Sではない)が、比較的多いです。記事中の4本は、(1)は逆光&超コスパに優れたD、(2)が可もなく不可もないD、(4)は逆光だけが最悪の末尾S、(3)は実はトキナーで、180mmF2.8似のコンパクトさと画質が気に入ってます。
末尾S⇒Dの一番のメリットは最近のカメラでの歪曲補正だと思っていますが、画質等基本的な部分は30年前の末尾Sでも遜色ないと感じるのはきっと高画素機を所有していない貧者の特権ですね(笑)。

驚愕の非公開情報!ありがとうございます。共通なのはAE86さんのブログがきっかけで購入したDXの10-20だけでした(笑)。AE86さんのレンズ評価については、また記事へのコメントでお尋ねしたいと思います。
2019年09月11日 23:35
レンズ情報ありがとうございました。
小生も、SとDとは写りに違い無し(違いが判らないだけ?)と思っております。85/F1.8はDを持っていましたが、青っぽくなる画が実は好きでした(ピリピリ感も良かった)。トキナー300/F4とは渋いですね。
author
2019年09月12日 18:55
AE86さん
85mmは、D700の時はシャープなのかどうかイマイチよく判らなかったのですが、その後D610との組み合わせでも十分シャープだと判り、継続所有している次第です。D800Eをお持ちのAE86さんのお墨付きも頂戴できたので安心しました。

単焦点は撮影時は何かと面倒ですが、それなりの結果を期待できる安心感がいいですね。余談ですが、トキナーの300mmは、Exif情報もf/4Dと表示される、名実共に優れモノです。(笑)
ひぐま3号
2019年09月12日 23:12
先日は横着者のテキトー三昧にお付き合い頂きありがとうございました。
因みに、一脚とは言えあれもれっきとしたハスキーでございまして
一応看板に偽りはございませんが…
単に、重たい鉄板二枚を抱えて腰を痛めたために軽量化で一本足打法としたまでとか何とか…(笑)

偽りの看板、繰り込みの際の物ですね。密かにこんな狙いをしていたとは…隅に置けないですねぇ〜
こっちは早起きしたのに空振りでしたものでね。
で、この9月から送り込みは安土停車だったようです。因みに7月に友人から回送のスジ情報いただいていた事をあの日帰宅してから発見。横着者もここまで来ると付き合いきれなくなっちゃいますよね〜
マイオ
2019年09月13日 14:17
連コメすみません。
そのクマさんはときどきハスキー(あれは見栄で持参するらしく)を一脚に
変えてます。いやさ、一脚すらなしで完全手持ちオンリーもありますので、
そのあたりはご寛容のほどを・・・いちおう本社代表取締役サマですもので。
勝原経由の七尾・和倉・穴水の旅ですか。涙が出そうな地名の羅列ですね。是非とも九頭竜湖に鎮座する28651、七尾鉄道発祥の地で動輪だけになった
C56123も拝んでやってくださいまし。「父ちゃんのポー」の映画の中で踏切事故がホントになってしまった悲劇の罐。そうそう、C58140の動輪が金沢駅構内にあるそうですね。
author
2019年09月13日 19:29
ひぐま3号さん
こちらこそ、ありがとうございました。機材のブランド云々となると、ぜっきあいずはいつも不戦敗ですが、やる気の有無は、やっぱり重量の方に如実に表れますよねぇ。重量級機材を携え、用意周到にC62ニセコと向き合っていた頃の真摯なひぐま青年はいったいどこに行ってしまったのか?(笑)

えっ?そう言うお前の送り込み画も、とても三脚立てて真摯に撮ったとは思えないって?(はい、ご賢察の通り、ただ単にこの場所まで来て時間切れになっただけですぅ)

ところで、前代未聞の事後情報開示どうもありがとうございます。その情報を知っていれば送り込みも返却も楽勝だったのに~。これで今秋は、某ファミレスにモーニングから午後の反省会まで、北陸線抜きで入り浸り決定!?(どこがやる気じゃ!と再度叱責の声あり)
author
2019年09月13日 19:31
マイオさん
ナ、なにぃ~、み、見栄でハスキーの一脚だと~!?そんな輩もとい熊は、鉄チャンの風上にも置けぬぅー。あーあ、さっき寛容なレスしてしまって大損したなぁ。

で、気を取り直して、MY感傷旅行。28651は予定に入れてますが、七尾線の二両は気になっていたものの、28651のような保存状態ではないのでノーチェックでした。それにここに来て、天気予報が急変でちょっと余裕ないかも。何せ、この旅に雨は禁句なので・・・どうしたものかなぁ?
風下に置くべきひぐま3号
2019年09月16日 22:13
偽り看板②
なるほど、巨匠たちが競い合うフィールドによる「チョン抜き」でしたか〜
流石のセンスでチョン抜きはこう撮れと「ぜっきワールド」の真髄を見せつけておりますね!
不肖ひぐま、この手のセンスが無いことを悟って以来一切撮っておりませんが、こうした正統派のチョン抜きを拝見すると模倣してみたくもなりますが
模倣はどこまで行っても真似モノであり、真に似れども真にあらずですので、こうして拝見することでの満足感で充分と弁えることにしておきます。
今週末、天候不良の予報にて遠征は雨天順延になるかも。
そうなると、撮らぬひぐまのネタ算用は赤字に転落しそうですぅ〜(笑)
author
2019年09月17日 19:04
風下お引越しのひぐまさん
縁もゆかりもないEF65PFにあの色では流石に抵抗があって、朝一にトワ色を見た時点でPFには意図的に消えてもらおう(≒チョン抜き作戦?)と方針を決めました。なので(2)はそもそも関係ないですが(1)(3)(4)も全てPFは登場しません。

この場所で撮ったのは単に遅刻して時間切れだったからで、誰が撮っても寸分違わず同じ構図にしかならないような場所ですョ。ところで、「正統派」の定義がイマイチ不明ですが、強いてこだわりを挙げるなら、蒸気がちゃんとテンダ側に流れてることくらいですかね~。1本だけの本番スジでこんなもったいない撮り方をするなど正統ではなく十分変態ですが・・・さていよいよ今週からは、風上からの獣臭と車内の加齢臭にお互い引き寄せられて一発合流した後のテキトー画バトル?ですね(笑)。

尚、感傷旅行決行で鉄分満腹&お疲れモードのため、ぜっきあいずも次の連休は自宅待機の可能性大であります。
マイオ
2019年09月20日 11:34
偽り看板その3
その2をまた違うとこにコメしたもので、いつものことながら恐縮ですが、
定位置に戻りました~
門の中から踏切チョン抜き・・・正統派巨匠の方々の技にはただただ拝見して感嘆するのみでございます。やはり北びは奥深い・・・
門外不出のひぐま3号
2019年09月20日 14:39
偽りの看板③

ほら来た!
こう言うセンスが無いので私は門外不出なんですぅ〜
いくら300ミリレンズとは言え、こんなに汽車大きく写りましたっけ?
上手いことキャブ下をカットしてナンバーは読めて、言うことなしですね。
お見それいたしました。
雨で順延となった火の国行き、空いた日曜日はどうしましょうかと思案中です。
author
2019年09月21日 09:34
マイオさん
珍しく定位置コメント(3)ありがとうございます(笑)
え~、そもそもこの場所は憂行写人さんの数ある特許の中のひとつでして、ぜっきあいずは特許料お支払いしてないので、とてもとても奥深い巨匠のお仲間には入れていただけません。
但し、重量級三脚だけは持参して、こういう長玉構図に備えてましたので、北びに向き合う姿勢だけは、誰かさんと違って真摯だったかと(笑)
author
2019年09月21日 10:17
穴籠りのひぐまさん
コメント(3)ありがとうございます。
急行「ひのくに」がウヤになると、来週以降のネタが枯渇するのは目に見えてますよ。あれこれ理由付けするのはやめて、早く出すものは出してスッキリしちゃいましょう!(笑)
えっ?どうしても出したくないから、明日また近場でリベンジですって!?ぬ、ぬぁにぃ~雨だから手持ちオンリーだと!?懲りない熊さんだこと・・・
マイオ
2019年09月24日 08:25
偽り看板その4

キバナコスモスがトワ色PFと絶妙のカラーコーディネート。
あれっ?なんか大嫌いとか書いてあったような・・・それで半分隠してるんですね。でも、隠すとかえって目立つってご存知でした?
このところ、お召しよりも重要な仕業に専任しており、ナントカデスティネーション的な仕業はウヤが続いております。このままでは「さよなら運転」前に休車かも・・・
ひぐま53号
2019年09月24日 08:28
おっ!攻めてる〜っ‼︎
どっかの誰かと違って平凡な眺めの切り取りとせずに
黄花を配して一本木でトワ釜を隠すだなんて…
まあ、なんと真摯に向き合っていらっしゃる姿勢ですこと。
そんな姿勢のしの字も無い私
次のダイヤ改正で急行ひぐま号は波動用の季節臨に降格し3号から53号に降格ですなぁ〜
それとも、姿勢のしの字くらい見せて存続か?
次の看板シリーズで真価が問われそうです。
針のむしろのぜっきあいず
2019年09月24日 20:14
マイオさん
コメント(4)ありがとうございます。
おっしゃる通りでございます。(4)に関しては全く反論の余地はございません。
斯くなる上は、マイオさんの休日仕業のウヤ続き、ひいては休車だけは避けるべく、偽り看板2019初秋編に続いて、2019秋編の続行運転を企画し、一往復でも日帰りでこれだけカット数を稼げるのだということを証明してみせ、滋賀デスティネーションキャンペーン「じじぃっとしが」を盛り上げる所存でございます。乞うご期待ぃ~
針のむしろのぜっきあいず
2019年09月24日 20:36
ひぐま53号さん
イジメのコメント(4)ありがたく拝読致しました。
真摯、向き合う、姿勢といったどこかで聞いたことのある語彙だけでなく、(4)撮影時の手持ちの事実も目撃されてしまい、全てブーメランの如く、ぐさりと我がチキンハートに突き刺さりました。
斯くなる上は、机上の計算では一往復の北びで6カット撮れるはずのところ、諸事情で4カットに間引き開示、もといひぐまさんのたっての希望により、類似カットも除くと3カットにしかならないところを、ぜっきあいずマジックで6カット公開に踏み切るべく、鋭意悪巧み中でござりまするぅ~