終着駅寸描

7407神海135_sss_sp.jpg

草生す終着駅の車止め。国鉄当時は、どうひいき目に見ても、まさかこの駅から樽見まで延伸されるとは思えなかった。


【 樽見線 美濃神海 / Minolta SR-T 101 135mm F3.5 Neopan SSS / Jul.'74 】


▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
◆SL・鉄道写真ブログ◆

この記事へのコメント

マイオ
2019年08月14日 17:09
あらあら、おませな構図ですこと、さすがは孤高の高校生。
なかなかこういうのはイメージできませんでした。脱帽っす!
(暑さで頭がいかれているマイオですので、無視もしくは削除されても
 まったく異存ありません)
author
2019年08月15日 00:10
マイオさん
コメントありがとうございます。
74年の夏休みは、既に近場に蒸機は無く、かと言って遠征するには受験という無言の圧力があって行動し難いという、おませな構図のイメージだけはエスカレートするものの、ストレスフルな時期でした。

今振り返ってみると、結局ろくすっぽしなかった受験勉強がその後の人生にどれほど役立ったかは甚だ疑問で、(マイオさんのように)厳冬2月の北海道に行っておくべきだったぁ~!(泣)