銀『塩』鐵道の夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 丹後のキューロク(2)

<<   作成日時 : 2018/09/06 08:13   >>

トラックバック 0 / コメント 4

画像

元大宮区所属のこのカマの機番は、荒川橋梁等がよく雑誌に登場した川越線の写真で見覚えがあった。その後西舞鶴区に転属し、主に宮津線で映画「すばらしい蒸気機関車」にも登場する網野までの区間貨物仕業を受け持っていたようだ。化粧煙突や関東の蒸機の特徴でもある煙室扉の砲金製ハンドル等のオリジナリティは既に失われていたものの、特筆すべきはC58や他のキューロクと共に夏季は海水浴臨の急行牽引機として駆り出されたことで、その勇姿は宮津線の定期客レの無煙化が成る直前の昭和45年夏も見られた。

客車も新旧いくつかの形式が動員されたが、中でも寝台急行「音戸」の間合い運用の急行「はしだてビーチ1号」は、全車冷房指定席の10系客車。その美しい編成を牽くキューロクの姿を、海を背景に撮っておきたかった・・・と今でこそ思うが、中学生坊主がそんな絵心など持ち合わせているはずもなく、たった一度だけ訪れた夏に撮ったのは買ってもらったばかりの望遠レンズが嬉しくて、漫然と正面から駅の発車を狙っただけの客貨の区別さえつかないお粗末な画。おまけに、DP屋の雑な現像処理でネガは真っ黒けの傷だらけ。2018年のキューロクの日は、そんなほろ苦い思い出の29680[舞]を、シコシコと修復レタッチしてUPしてみた。


【 宮津線 天橋立 / Minolta SR-T101 135mm F3.5 Tri-X / Aug.'70 】


▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
◆SL・鉄道写真ブログ◆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
へへ〜っ!(土下座してます)
レア中のレア、宮津線がお出ましとは。しかも10系急客牽引とは!!
さすがは通のぜっきあいずさん、私こそ白旗掲げて降参いたします〜

中2の夏休みですでに135mm f3.5をお持ちでしたか。しかもTri-X使用??
私が135mm f3.5を買ってもらったのは高1の冬休み・・・Tri-Xは高1夏休みから・・・
こちらも白旗です〜
マイオ
2018/09/06 12:33
おっと〜掟破りの「道外ネタ」確かアジでは道外禁止だった筈(笑)
な〜んて、ぜっきあいずさんは確か宮津線での撮影もなされていたはず
こりゃきっと組合員を道内に釘付けして、委員長は「内地モノで目にモノ言わす」のでは?
と思ったら図星〜(笑)
それにしても予想にたがわずの愛くるしいキューロクのお顔がしっかりと判るいい写真、ボッボッボッとドラフト音が近づいて来るあの頃良く撮った地元駅での発車シーンを呼び起こしてくれて凄く懐かしくなっております。それになんたって思い入れが違う一枚って本当の意味での「おじさんたちのキューロクの日」にぴったりじゃないですか〜
こりゃ、白旗二本で一本負けですわ(笑)
ひぐま3号
2018/09/06 14:47
マイオさん
コメントありがとうございます。
実はこの列車、夏期臨なのは間違いないのですが、撮影日は「はしだてビーチ1号」の設定日を外れていて、この後のどアップのカットでオハ35系らしき丸屋根の旧客がチラリと写っています。
ただ、本当にキューロクが牽いてくるのか?とか、ひょっとして10系寝台かも?とかドキドキしながら待った記憶があります。
豊岡経由の「はしだてビーチ2号」は12系だったとのことですし、同志社大鉄研OBのサイトを拝見すると、お盆の波動輸送用に「はしだてビーチ1号」のスジでSL臨急の「丹後」が走ったようですが、当時の8月時刻表が見当たらないのでこの列車が何だったかは謎のままです。

135mmF3.5とトライX・・・結果はご覧の通りですが、中坊にはそれだけで何か良い写真が撮れそうな魔法の組み合わせでしたね(笑)
author
2018/09/07 07:07
ひぐま3号さん
コメントありがとうございます。
看板に偽りありは、ぜっきあいずの常套手段ですので、今回も寛大なご処置をお願い申しあげます(笑)
それに加えて、今年のトレンド二翻縛りの気配も察知できないKYぜっきあいずをどうかお許し下さい。

で、「96組合」組合員殿から頂戴した実に的を得たコメント、こんな画を量産するのがあの当時の中坊に共通した行動パターンでしたね。(笑)
そう言えば、当時トライXの現像上がりは、いつも夏は真っ黒けで冬は薄いネガ・・・それがDP屋の手抜きと気づいた時にはもう宮津線から煙は消えていました。(泣)
author
2018/09/07 07:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
丹後のキューロク(2) 銀『塩』鐵道の夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる