銀『塩』鐵道の夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼の地は今… SRT101北帰行 - 追分(4)-

<<   作成日時 : 2017/06/17 13:09   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

41年前のキューロクとの惜別の夜を振り返りたかったこともあるが、追分に宿泊したのには、もうひとつ理由があった。D51241との再会・・・あの年の12月、241号機は特別意識はしていなかったし、むしろ最後まで残ったナメクジ70号機や、苗穂工場最終出場機603号機を好んで撮影していた。

安平町鉄道資料館。早来町と合併し、「追分」の名前が冠されていないのは残念だが、ここに241号機がいるはずだ。あの年の12月のそんな不義理を詫び、本線貨物列車最終牽引機に敬意を表して、41年前と同じSR-T101とロッコール55mm F1.7の組み合わせで撮ってやりたかったのだ。

「会いに来たよ。」心の中でそうつぶやくと、あの日と同じように、鉛色の空からハラハラと雪が舞い始めた・・・

【上】 深い雪に閉じ込められた、まるで墓標のような241号機の煙室扉と動輪。 / 安平町鉄道資料館 / Minolta SR-T101 55mm F1.7 Tri-X / Feb.'17

【下】 透き通るような純白の煙と給水温め器の排気、舞う雪を切り裂くようにやってきたギースル。このカマが9日後にさよなら貨物を牽引するとは、この時は知る由もなかった。 / 夕張線 清水沢-鹿ノ谷 / Minolta SR-T101 55mm F1.7 Plus-X / Dec.'75

画像

▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
◆SL・鉄道写真ブログ◆


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
彼の地は今… SRT101北帰行 - 追分(4)- 銀『塩』鐵道の夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる