銀『塩』鐵道の夜

アクセスカウンタ

zoom RSS 彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗丘(2)-

<<   作成日時 : 2017/04/11 08:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

建て替えられてしまって味気なくなった駅舎を通り抜けると、ガランとした空間の中に見覚えのある階段を見つけた。ホームへの唯一の出入口というのに、雪面に残された足跡が僅かなのが寂しい。

42年前は冬も夏もどうも栗丘との相性が悪くて、イメージしていた走行写真が撮れないのに半ばやけになって、この階段の前から通過する列車を狙ったりして、ちょっぴり溜飲を下げた覚えがある。その時の記憶からすると、現在の駅舎は旧駅舎よりかなり北側に建てられていることになるが、一体どんな背景があったのだろうか・・・

【上】 轟音と共にD51165 [岩一]の牽く上り貨レが通過。 / Minolta SR-T101 55mm F1.7 Tri-X / Jul.'75

画像

【中】 ホーム階段左手の跨線橋は使われておらず、出入口は嵌め殺しの板で覆われている。 

【下】 旧駅舎はホーム階段の左側(跨線橋の手前)にあったはずで、階段右手の平屋が現在の駅舎。

【中・下】 Nikon D5100 16-85mm F3.5-5.6 / Feb.'17      【共通】 室蘭本線 栗丘


画像

▼銀『塩』鐵道の夜も参加中▼
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
◆SL・鉄道写真ブログ◆

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
彼の地は今… SRT101北帰行 - 栗丘(2)- 銀『塩』鐵道の夜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる