アクセスカウンタ

<<  2016年12月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
水上幻冬(9)
水上幻冬(9) 師走の都心の雑踏から逃れて、ちょっと足を延ばせば、そこはもう別世界。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/29 07:51
重連夕景(7)
重連夕景(7) 一歩ずつ踏みしめるような、二両の異径動輪の歩調に合わせて 慎重にシリンダーから排出されるドレイン。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/26 08:26
あすなろの峠路(4)
あすなろの峠路(4) クリスマスイブから降り続いた予想外の大雪で、峠のアスナロの木立も すっかりクリスマスツリーに変身。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/23 12:11
遠いあの日 「45年前の“今日”へ」 加太
遠いあの日 「45年前の“今日”へ」 加太 45年前の“今日”、昭和46年12月19日。まだ真っ暗な草津で東海道線から乗り継いだのは草津線の始発722レ。おそらく大半が京都・大阪方面からなのだろう、D51654[奈]の次位の旧客のボックスは既に多くのSLファンで埋まっている。この日は、言わば加太のリターンマッチ。何故なら初めての加太撮影行は、友人Ic君が寝坊して2時間以上も現着が遅れてしまったのだ。今回はIb君とのコンビで、彼はちゃんと早朝4時の待ち合わせに来てくれて、予定通りの列車に乗ることができたというわけだ。 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/19 08:16
庫の構図、七尾(12)
庫の構図、七尾(12) 細身のボイラからはみ出しそうな、大きな形式入り赤ナンバーが特徴の七尾区の 124号機も、テンダ側は普通のプレートなのが惜しい。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/17 12:23
永遠の12月(3)
永遠の12月(3) あっという間に室蘭線を席巻してしまったDD51の影に怯えていた、あの12月。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/14 08:22
重連夕景(6)
重連夕景(6) 二条の狼煙が構内を覆い、長笛二声が続く。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/11 12:07
重連夕景(5)
重連夕景(5) 確かあの頃は、初代Velviaの増感が流行っていたように思う。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/08 08:21
D51264の肖像
D51264の肖像 その音、熱気、匂い、電気機関車にはない無骨で重厚な独特の雰囲気。 それら全ての圧倒的な存在感に、瞬時に虜になった。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/05 08:18
星降る宵
星降る宵 一日の仕業を終えた大井川の蒸機達は、火を落とすや否や、あっさりと 実にあっさりと眠りに落ちる。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2016/12/02 08:21

<<  2016年12月のブログ記事  >> 

トップへ

銀『塩』鐵道の夜 2016年12月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる